高速キャッチングシステム

研究内容

投げ込まれたボールの軌道をビジョンによって瞬時に判断してキャッチするこ とができる,超高速ロボットハンドシステムを開発した.このシステムは, 1ms(0.001秒)で画像処理が可能な ビジョンチップ, 人間を超える高速運動が可能な 高速ロボットハンド, 画像情報に基づいてロボットを制御する視覚フィードバック制御の 3つがキーとなる技術であり, わずか0.1秒で到達するボールを,人間の眼には見えない速度で瞬時にキャッチすることができる.

本システムは,独立行政法人科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業の研 究テーマ「感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現」(研究代表者: 石川正俊,東京大学大学院情報理工学系研究科教授)で開発された技術に基づ いており,2005年7月より, 日本科学未来館(東京都江 東区)において展示されている.

本システムは, セイコープレシジョン(高速キャッチ ングシステム開発,視覚フィードバック制御担当), ハーモニック・ドライブ・システムズ (高速ロボットハンド開発担当) の協力を得て製作されました


動画

関連動画